ミニ雑誌編集長のお仕事ブログ

NEW MINI STYLE MAGAZINE 編集長のブログです!

標識とルール

駐車その11




運転マナーの良好なイギリスですが、
車上荒らしなどが報告されることは
決して珍しくありません。


クルマを離れる際には
荷物を外から見えないところ
(トランクなど)へ移し、
必ずキーをロックしましょう。


オプション装着されている
ポータブルナビなどを
装着したままにするのも危険 {/爆弾/} ですので、
駐車時はグローブボックスなどに
収納することをオススメします。


写真はノースウェールズのコンウィで
撮影のために車両の清掃をしていた時のこと。


いつのまにやらネコ {/細目猫/} が
乗り込んでおりました(笑)



CONWY

駐車その10




写真はロンドン市内の路上駐車の様子。


道の両側に
ビッシリクルマが停められてますよね {/汗/}


みなさん縦列駐車が本当にお上手です {/犬/}


  {/車/}     {/車/}     {/車/}


ロンドンは駐車スペースが少なく、
交通量が多くて渋滞もかなり‥‥。


何度か走ったことがありますが、
東京よりも混んでいると感じました {/まいった/}{/汗/}


というわけで、ロンドン市内の運転は
イギリスドライブビギナーには
あまりオススメできません。


市内の移動は
地下鉄がいちばんだと思いますよ {/犬/}

駐車その9




こちらのマーク {/目/}{/耳/}


日本でもよく見かけますので
意味はすぐにわかると思います {/犬/}


ホテルなどに併設されている駐車場や
サービスエリアのパーキング、
大型の有料駐車場などには
身障者の方のためのスペースが
きちんと設けられています。


  {/丸目猫/}     {/犬/}     {/細目猫/}


問題は駐車マナー。


日本だと、こうしたスペースに
フツーのクルマが駐車しているケースを
たまに見かけます‥‥ {/汗/}
イギリスではどうなんでしょう {/!?/}


  {/丸目猫/}     {/犬/}     {/細目猫/}


経験上、マナー違反のクルマを
イギリスで見かけたことはありません。


取り締まりが厳しいなど、
理由はいろいろあると思います。


が、最大の理由は
「豊かなボランティア精神」ではないでしょうか {/ピカピカ/}


イギリスの方の親切心
こんなところからも感じることができちゃいますよ {/丸目猫/}

駐車その8




写真はロンドン中心部の交差点。


ロンドン市内の走行は
日本人にとって難易度が高く
あまりオススメできませんが
標識&ルールはいっぱい出てきます(笑)ので
写真 {/カメラ/} を掲載してみました。


交差点の路面には
なにやら格子状のラインが
ペイントされていますよね {/目/}{/耳/}





これは何でしょう?





駐車禁止?




駐停車禁止??






‥‥ちょっとニュアンスが違います {/汗/}





正解は‥‥






キープクリア





日本だと消防署の前などにある
斜線ペイントが似たような意味合いでしょうか {/犬/}


よく考えれば日本の交差点内にも
ペイントこそされていませんが、
同じルールが適用されていますよね {/丸目猫/}

駐車その7




駐車禁止のダブルレーンが途切れていて
四角いワクがペイントされている場所は
路上駐車OKのサイン {/犬/}


ズラリと駐車車両が並んでいるので
ビギナーでも「OKエリア」は
ひとめでわかると思います {/丸目猫/}


ただしここで注意 {/ひらめき/} したいのが
駐車の条件。


すべてのクルマが
OKではなかったりします {/犬/}


条件はそのエリアによって異なります。


時間や曜日が指定されているもの、
居住者のみに許された駐車スペースなど、
標識に細かく書かれていますので、
英語力を駆使して読解してください {/汗/}

※ 紹介している写真の
Resident permit holders は
居住者のみ駐車可の意味。



表示されている内容が
理解できないパーキングスペースには
クルマを停めない方が無難ですよ {/車/}

livedoor プロフィール
最新トラックバック
  • ライブドアブログ