ミニ雑誌編集長のお仕事ブログ

NEW MINI STYLE MAGAZINE 編集長のブログです!

標識とルール

駐車その5




チケット発券機の操作方法は
駐車場によって異なりますが、
「英語だし、どうやって買ったらいいの‥‥?」
というケースは少ないでしょう {/犬/}



ただしここで注意ポイントがひとつ {/!/}



券売機はコインのみOKというところが
ほとんどだったと記憶しています {/目/}{/耳/}


それに加えて
おつりが出ないのがフツーだった気も‥‥。


なので、ドライブ前に用意しておくか、
途中のショップで買い物をしたおつりなどを
キープしておくことがオススメです {/ひらめき/}


  {/丸目猫/}     {/犬/}     {/細目猫/}


イギリスはユーロ加盟国ですが、
流通している通貨はユーロではありません。


通貨は
ポンド = £
ペンス = p


なんとなく聞いたことありますよねっ {/嬉しい/}{/汗/}





紙幣は

£5
£10
£20
£50


硬貨は

1p
2p
5p
10p
20p
50p
£1
£2

という種類があります。



駐車場などで必要となる硬貨は
10p/20p/50p/£1/£2あたり。


20p/50p/£1の3種類を
用意しておくと安心です {/丸目猫/}

駐車その4




Pマークを探してウロウロしていると
たどり着きがちなのが有料駐車場。
料金設定や支払い方法はいろいろですが、
写真のようなチケット販売機で
駐車券を購入するタイプが多いようです。


こうした有料駐車場であれば
「ええと‥‥ここに停めてもいいのかな‥‥」
という路上駐車にありがちな
不安感からも解放されます {/丸目猫/}


チケットは駐車時間によって金額が違う
前払い制のことが多いようです。
少し余裕を持った時間チケットを
購入した方がいいですよ {/犬/}





※ チケットはフロントダッシュボードなど
外から見えるところに置いておきましょう。


駐車その3




町と町をつなぐ郊外の道路。


「うわっ! ここきれい~~ {/揺れるハート/}」
な絶景に出会っても
路上駐車することはNGです {/爆弾/}


地図上表記が
M(モーターウェイ)やA(Aロード)などの
「見た目が日本の高速道路と一緒!」
という道はもちろん、
B(Bロード)であっても駐停車してはいけません。


以前、
「見晴らしのよいまっすぐな道だからOKかな‥‥」と
片側一車線の道に停車して
景色を撮影しようとしていたら
「プップップーーー!!!」と
クラクションの嵐を浴びたことがあります。







駐車してもよい場所には
こうしたマークが表示されていますので、
走りながらOKなスペースを探しましょう {/犬/}


駐車その2




道路にこんなラインがあったら要注意 {/目/}{/耳/}
クルマを停めてはいけません! {/爆弾/}

交通量の激しい道路や
一方通行の細い道などにありがちです。

というか、町中の道路には
たいていこのラインが
ペイントされてあったような気が‥‥ {/汗/}

指定区域以外への路上駐車には
ちょっと厳しいようでした {/犬/}

駐車について




スピードとともに
厳しく取り締まられているルールと言えば‥‥




そう、駐車違反。




日本でも取り締まりが厳しくなっているので
「あちゃー」な状況に陥った人も
多いんじゃないでしょうか? {/汗/}


実際にイギリスを走ってみると
かなりの場所が駐車禁止になっていたりで、
標識とルールを知らないと
「ここに停めてもいいのかなぁ」と
ドキドキしちゃうかもしれません。


というわけで今週は
駐車に関するルールを徹底解説。

ぜひ参考にしてくださいね {/細目猫/}

プロフィール

yellowmini

ニューミニ・スタイルマガジン編集長

【竹岡 圭の突破力】

アマゾンへジャンプします
【2019年12月号VOL.63】

アマゾンへジャンプします
【MINI PARTS & SHOP GUIDE 2019-2020】

アマゾンへジャンプします
アーカイブ
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ